40代 喪服

年相応?

礼服選びに悩んでいる40代の方もおられるかもしれませんが、やはり若い頃と40代とではブラックフォーマルの選び方も変わってきます。

 

いつまでも若い頃の気分でブラックフォーマルを選んでしまうと大変なことになってしまう可能性もありますから、慎重に選ばなくてはなりません。

 

そうは言われても何に気を付ければいいのか分からない、という方もおられるでしょうからここでは40代のブラックフォーマル選び、注意点などについてお話しましょう。

 

40代のブラックフォーマル事情

40代だと既に結婚して家庭を持っている方が多いと思いますし、お子さんもある程度の年齢に成長している方が多いのではないでしょうか。

 

職場でも責任のある仕事を任されることがほとんどですし、管理職やリーダーシップを発揮するポジションについている方もおられるでしょう。

 

また、40代になると増えてくるのが冠婚葬祭です。結婚式や子どもの七五三、お宮参りなどのほか、お葬式や法事などの冠婚葬祭にたくさん出席するのもこの40代と言えます。

 

40代の方がもっともブラックフォーマルを着用しているのではないか、とも思えるほど40代の方はブラックフォーマルを着用することが多いです。

 

先ほど言ったように結婚式や七五三などおめでたい席ばかりなら良いのですが、お通夜やお葬式といったあまり嬉しくない場所にまで顔を出さなくてはならなくなります。

 

冠婚葬祭の場に呼ばれることが多いということはそれだけブラックフォーマルを着用する機会が多くなるということですし、当然一着や二着程度はブラックフォーマルを持っておく必要があります。

 

ブラックフォーマルのデザイン

40代でブラックフォーマルを選ぶときにはデザインにも注目しなくてはなりません。20代や30代の前半くらいだとデザインだけで決めるのもアリですし、ファッション性の高いブラックフォーマルを選ぶというのも良いでしょう。

 

20代や30代の前半だとそこまでフォーマルな場に出ることはありませんし、デザインだけで選ぶのは決して悪いことではありません。

 

しかし、先ほど言ったように40代になると話は違ってきます。フォーマルな場に出席する回数は明らかに多くなりますし、その分ブラックフォーマルを着なくてはならなくなるのです。

 

こうした理由から、40代の方がデザイン性だけでブラックフォーマルを選んでしまうのは問題があります。確かに近年ではデザイン性に優れたブラックフォーマルもたくさんありますし、つい購入したくなる気持ちは分からなくはありません。

 

しかし、デザイン性を追求したアイテムだと結婚式などのおめでたい場はともかく、葬儀や通夜に着ていくことは難しくなってしまうでしょう。

 

もちろん、複数のブラックフォーマルを用意するのなら話は別ですが、礼服は基本的に高価なものですし、そう何着も揃えることはできません。

 

なるべくさまざまなシーンで対応できるような、シンプルでスタンダードなデザインのブラックフォーマルを選ぶのがコツです。

 

オールシーズン対応の礼服

しつこいようですが40代になると冠婚葬祭の場への出席が多くなりますし、いつなんどきお葬式やお祝い事が発生するか分かったものではありません。

 

お祝い事なら最低でも一ヶ月前には通知が届くでしょうが、不幸などは突然やってくるものですからいつそのような場に行かなくてはならなくなるか分かったものではないのです。

 

そのため、礼服を購入するときはなるべくオールシーズン使用できるものを選ぶことが大切です。

 

現在では生地の薄いブラックフォーマルなどもありますが、夏場に暑いからと購入してしまうといざ真冬に葬儀などがあったとき大変な思いをしてしまいます。

 

冠婚葬祭に出掛ける頻度が多くなる40代だからこそ、オールシーズン着用ができるブラックフォーマルを選んでおくことが大切です。これが基本ですし、シーズンに関係なく着用できるブラックフォーマルなら何の心配もありません。

 

礼服などフォーマルウェアを販売している専門店などに買い物に行くと季節限定の品などを勧められることもありますが、よほどお金に余裕がある方以外はオールシーズンに対応できるものを一着持っておくだけで大丈夫です。

 

コストパフォーマンスのことを考えても季節に関係なく着用できる礼服のほうがおススメですよ。

 

多少余裕のあるサイズを選ぶ

若い頃ほどではないにせよ、40代は体形の変化も起きやすい年代です。

 

女性だと子育てがひと段落して安心してしまい太ってしまうこともありますし、男性だと職場で重要なポジションやプロジェクトを任されてしまい、そのプレッシャーで痩せてしまうようなことも考えられます。こ

 

うした体型の変化も予想したうえでブラックフォーマルを選ぶことが大切です。

 

もちろん、完全に先のことを予想することはできないでしょうが、多少ゆったりめのブラックフォーマルを選んでおけば体型の変化にもある程度対応はできるのではないでしょうか。

 

もちろん、太るのではなく痩せてしまった場合には対応できないかもしれませんが、痩せた場合ならまだ対処の仕方はあります。

 

コーディネートと着こなし方次第で何とでもごまかすことができますが、太ってしまうとどうしようもありません。

 

太ってしまったときのことを考えると、やはり多少ゆったりしたサイズを選んでおくと後から困ったことにもならないでしょう。

 

多くの方はそのときの体にぴったりとフィットするブラックフォーマルを選んでしまいがちですが、先々の体型の変化まで見越してサイズを選んでおくのがコツです。

 

女性のブラックフォーマル選び

正直男性はブラックフォーマル選びもそこまで苦労することはありませんが、女性の場合はデザインも素材も豊富ですから、正直迷ってしまう方はたくさんいます。

 

40代の方でも迷ってしまう方は多いでしょうが、女性の場合はブラックフォーマルを選ぶときにスカートの丈もきちんとチェックする必要があります。

 

ご存じの方も多いと思いますが、スカートの丈は長さによって格が変わってきます。長くなればなるほど格が高くなりますから覚えておきましょう。

 

40代にもなってそんなことも知らずに好き勝手にブラックフォーマルを選んでしまうとフォーマルな場で恥をかいてしまうことになります。

 

また、ブラックフォーマルと一口に言ってもいろいろな種類がありますし、女性の場合はスカートとパンツの二種類から選ぶことになります。
若いうちは自分の好みで選んでも周りが温かい目で見てくれるかもしれませんが、40代だとそうもいきません。

 

常識をわきまえていて当然と思われてしまいますから、スカートとパンツスタイルのどちらが正しいフォーマルウェアなのか知っておく必要があります。

 

では、スカートとパンツスタイルいったいどちらがフォーマルなのかというとスカートになります。意外に感じた方もおられるでしょうが、パンツスタイルのほうがカジュアルと認識されてしまいますから注意しましょう。

 

今さら聞けない冠婚葬祭のマナー

冠婚葬祭のマナーって、40代にもなると今更人に聞けないですよね。香典袋の書き方のマナーや金額の相場は、「本当にこれで良いのか?」ってそのたびに思ってしまう人も多いと思います。

 

地方によってマナーが違う場合もありますし、出席する宗教によっても全く異なります。マナーのおさらいがてら、こういったサイトで勉強しなおすのもおすすめです!

 

おすすめサイト:https://www.jp-guide.net/manner/index.html

 

 

40代のブラックフォーマルの選び方についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

 

40代にもなって間違ったブラックフォーマルの選び方をしてしまうと恥ずかしいですし、正しい知識を持って選びたいものですよね。

 

まだここで紹介しきれなかったポイントもありますが、とりあえずはこれだけ覚えておけばブラックフォーマル選びは大丈夫でしょう。

page top